インデックス


IEを常に最大化した状態で開く方法~ウィンドウが最大化されない場合の対処

Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)を起動した際に、ウィンドウが最大化されない。

IEを常に最大化した状態で開く方法の紹介

 

<概要>


通常は、Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)を閉じると、
次回Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)を起動させた場合は
閉じた状態のサイズを記憶している為、同じサイズで次回も起動致します。

 

  

つまり、最大化した状態でInternet Explorer(インターネットエクスプローラ)を閉じると
次回起動する際も最大化した状態になります。

 

 

しかし、Webページの記事のリンクをクリックし、別のウィンドウでWebページを
新規に開く場合に、最大化していない状態で開く事があります。

 

 

本来、Ctrlキーを押しながら、ブラウザを終了すると、そのブラウザの大きさをWindowsが
記憶するため、次回Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)を開くと、同じ大きさ
が表示されますが、この不具合が生じている場合は、この対処では改善されません。

 

 

このページでは、この問題を解消する方法を紹介します。

 

<手順>

新しいウィンドウを開く際に、常に最大化させたい

 

1、Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)を2つ起動させます。

 

2、タスクバーをマウスで、右クリックし以下のメニューを表示さ、
  「ウィンドウを上下に並べて表示」もしくは
  「ウィンドウを左右に並べて表示」をクリックします。


※タスクバーとは、パソコンの画面の通常一番下にあり横長のバーであり
スタートボタンや時刻が表示されているバーを指します。

 

3、2つのInternet Explorer(インターネットエクスプローラ)が上下もしくは
  左右に綺麗に並んだ上体になります

4、次にこの2つのIE両方とも、最大化、もしくは希望の大きさに
  調整した状態で、Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)を閉じます。

 

※Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)を閉じる場合は
 Ctrlキーを押しながら「閉じる」と確実かもしれません。
 

 

5、以上でIEの位置、大きさの記憶情報が再度記憶され次回からIEを
 開く際は、先ほど閉じた大きさのまま再表示されます。

最大化した状態で閉じると、次回も最大化されます。

 

 







   

Powered by Movable Type 3.2-ja-2 Copyright(C) 2007 WindowsVistaトラブルエラー技術情報FAQ ~Windows7へ Allrights reserved.