インデックス


ネットワークブリッジの仕組みを紹介

ネットワークブリッジの活用方法

ネットワークブリッジの機能を利用すると、すでにインターネットに接続中の
1台のパソコンを利用し(ブリッジをして)、他のPCやPSP、Wii、DSをWi-Fi

接続(無線接続)させる事が可能です。

 

 

その為の製品として、最近は、ソフトウェアAPというものがはやっております。

これは、他のPC、DS、WiiやPSP、iPhoneをWi-Fi(無線接続)する為に 利用するものです。

 

■どんなモノ■ こんなやつです。

この製品をパソコンのUSBポートに接続します。
ソフトウェアアクセスポイント対応アダプタです。

  

そうすると、そのPCから無線の電波が発信致します。

パソコンを無線化する事にも使えますが、パソコンを無線アクセスポイント化
する事にも利用が出来ます。

 

■そしてどうなるの?■

通常は、DSやWiiやPSP、iPhoneをWi-Fi接続する為には
無線ルータや無線アクセスポイントという、電波を発する機器が必要となります。

しかし、これらの無線機器は、やや高額なので、低価格で無線を導入
する為の最善の方法として、これらの機器(ソフトウェアアクセスポイント対応アダプタ)
が登場しました。

 

■動きイメージ■

インターネットの世界------ADSLモデム-----パソコン(有線インターネットOK)

                 ↓

           先に紹介した製品(ソフトウェアアクセスポイント対応アダプタ)を接続します。

                 ↓

インターネットの世界------ADSLモデム-----パソコン)))))電波を発する((((DS、PSP、Wiiで受信する

                 ↓

            結果的に、WiiやDS、PSPなどのWi-Fi対応端末が無線インターネット可能となります。

 

■パソコンの設定■

1、製品の説明に従いセットアップし、ソフトウェアAPモードの状態にします。

※基本的に製品説明書どおり行えば、インターネット接続共有という機能を利用して、上記環境を構築する事が
可能となります。ネットワークブリッジは必要ありません。通常の方法で操作が出来ない場合にお試し下さい。

2、スタート、コントロールパネル、ネットワークと共有センター、アダプタの設定の変更、を開きます。
 ※上記は、Windows7の操作です。Vista、XPだとやや操作が違います。

3、増設したアダプタの「ワイヤレスネットワーク接続」のアイコンを右クリックし、プロパティ、共有タブから
 「ネットワークのほかのユーザーにこのコンピュータの・・」のチェックをOFFにします。

インターネット接続共有

4、ブリッジさせたい「ローカルエリア接続」と「ワイヤレスネットワーク接続」を両方同時に選択します。
※Ctrlキーを押しながら、クリックすると、2つのアイコンを同時に選択出来ます。

5、両方選択した状態で、片方のアイコンを右クリックし、ブリッジ接続を行います。

ネットワークブリッジ

以上で完成です。

筆者はこの方法で接続に成功しました。ご参考にして下さい。

ありがとうございました。







   

Powered by Movable Type 3.2-ja-2 Copyright(C) 2007 WindowsVistaトラブルエラー技術情報FAQ ~Windows7へ Allrights reserved.