インデックス


WindowsXPからWindows7へデータを移動、バックアップする方法

WindowsXPからWindows7へデータを移動する方法

 

<概要>
新しいWindows7を購入したとします。

古いXPで利用していたバックアップデータを
新しいWindows7で利用する方法を紹介いたします。

 

<流れ>
新しいパソコンであるWindows7を起動します。次に、
「Windows転送ツール」を外付けの外部デバイス(外付けHDなど)
にインストールします。

その後、古いXPを起動し、先ほどの外付けHDを接続し、インストールした
Windows転送ツールを利用してバックアップデータを収集します。

再度、外付けHDをWindows7へ接続し
収集したデータを、新しいWindows7上で復元します。

 

<操作>

1、スタート、すべてのプログラム、アクセサリ、システム、Windows転送ツールを起動します。

 

2、まず、外付けハードディスクまたは、USBフラッシュドライブを選択します。

 

3、こちらは新しいPCの為以下を選択

 

4、「まだ、今までのコンピュータからデータはバックアップ済みではありません」ので「いいえ」を選択します。

 

5、外付けHD等に、Windows転送ツールをインストールするため、ここではインストールする必要があります
を選択してください。

 

6、インストール先のデバイスを選択してください。Windows7のPCへ接続している外部記憶デバイスを選択します。
 接続している外部デバイスにしたがって選択してください。外付けハードディスクまたは、USBフラッシュメモリ

これで外付け記憶デバイスにWindows転送ツールがインストールされます。

 

7、完了したら元の画面に戻りますので閉じてください。

 

インストールした外部デバイスの中身をみると、以下の構成になってます。

この外付けの外部デバイスを、古いパソコンへ接続し、Windows転送ツールを起動させて
画面の指示通りの手順 でバックアップをして下さい。

 

 

8、バックアップが完了したら、新しいWindows7のPCへ外部デバイスを

接続し、再度、Windws転送ツールを起動して、今度は復元作業を行うという流れです。

 

 

 







   

Powered by Movable Type 3.2-ja-2 Copyright(C) 2007 WindowsVistaトラブルエラー技術情報FAQ ~Windows7へ Allrights reserved.