インデックス


Windows7のシステム修復ディスクの使い方

システム修復ディスクの活用。
万が一の時に役に立ちます。

Windowsのシステムを修復セットアップする為にあらかじめ作成しておく
事が出来ます。

<作成手順>

1、スタート、コントロールパネルを起動し、を作成するには
、「バックアップの作成」をクリックします。


※[システムとメンテナンス]、[バックアップと復元] でも可能

 

2、[システム修復ディスクの作成]  をクリックします。

 

 

3、ディスクの作成をクリックし先へ進みます。

システム修復ディスク

 

<システム修復ディスクを使用するには?>

1、起動トラブルや、OSに不具合が発生した場合には、あらかじめ作成しておいた
システム修復ディスクを、 CDドライブ または DVD ドライブに挿入します。

2、「システム修復ディスク」を挿入後、電源ボタンをおして、コンピューターを再起動します。

3 ,起動時に画面の左上スミに、「Press any key to boot from cd... 」と表示されると思います。
 その時に、キーボードのなにか適当なキーをクリックします。

4、すると、HDにインストールされているOSからではなく、システム修復ディスクから
  システムが起動し始めます。します。

※CDBootしない場合は、(CDから起動しない場合)は、BIOSを起動し
起動順番を変更する必要があります。

例) Fast boot1  「CD/DVDドライブ」
    Second boot2「 HDドライブ」

※BIOSの起動方法は、PCにより異なりますが 

BIOSは電源投入の際に最初にメーカーの
ロゴマーク(もしくは英語の画面)が表示された瞬間に
キーボードのF1キーやDelキー等を押すことで
起動する事が出来るシステムです(PCによってキーは異なります)

 

5、システム修復ディスクが起動すると、コンピュータの修復を選択

システム修復ディスク

6、以下のいずれかの回復オプションを選択します。

システム修復ディスク

ここから先の設定は非常に難しいため、PCサポートセンターの
指示に従う事をお勧めいたします。※例えば、システムイメージの回復は、事前に「システムイメージの作成」が必要です。

 

以上、システム修復ディスクの使い方の流れでした。

※キーワードは、システム修復ディスク。







   

Powered by Movable Type 3.2-ja-2 Copyright(C) 2007 WindowsVistaトラブルエラー技術情報FAQ ~Windows7へ Allrights reserved.