インデックス


システムイメージの作成

Windows7でシステムイメージの作成を利用する方法

 

<概要>
「システムイメージの作成」を利用して、Windows7のシステムを
バックアップする方法の紹介。

 

 

<利点>
Windowsが完全に起動不可能な状態になっても利用できる利点が
あります。これは、システムのイメージデータを作成し、

バックアップ時の状態に リカバリする事が出来る機能です。

※この機能はシステムやデータなどすべてが
バックアップした時の状態に戻ります。

 

<操作>
1、スタート、コントロールパネル を起動し、「バックアップの作成」をクリック

 

2、バックアップと復元センターが表示されます。左の「システムイメージの作成」
 をクリック致します。

 

3、システムイメージの作成をクリック後、以下ウィザードが表示されます。

システムイメージの作成

 

4、バックアップデバイスの検索が終了すると、システムイメージの作成画面が
表示されます。バックアップ先をハードディスク上のドライブにするか、DVDドライブ
にするかの選択画面です。

システムイメージの作成

 

5、バックアップする対象のドライブや項目を選択する画面です。
コンピュータ上のすべてのシステムやデータをバックアップする場合は

すべてのチェックをつけてください。

システムイメージの作成

 

6、次へ進むと以下の確認画面が表示されます。

 

7、「バックアップの開始」を実行すると以下の画面が表示されます。

 

8、その後、バックアップ先をDVDドライブにした場合に、メディアの挿入が
 求められます。

 

9、最後に、システムイメージの作成につづけて、システム修復ディスクも
作成するかの確認画面が出ます。

 

システム修復ディスクを作成しない場合は、いいえをクリックして完成です。

 

 

 

 

[PR]おすすめ透明で美白になりたい方への新成分!
ルミキシルはこちらっ!







   

Powered by Movable Type 3.2-ja-2 Copyright(C) 2007 WindowsVistaトラブルエラー技術情報FAQ ~Windows7へ Allrights reserved.