インデックス


ネットワークドライブの割り当て方法

ネットワークドライブの割り当て方法 Vista

~ネットワーク上にある共有フォルダを利用しよう


概要

ネットワーク上にあるコンピュータの共有フォルダ、NASの共有フォルダなどを
利用する場合、「コンピュータ」ウィンドウ内に「ネットワークドライブ」として
ドライブを割り当てておくと便利です。

コンピュータのバックアップ先として、ネットワーク上のハードディスク(共有フォルダ)
を指定する際も、「コンピュータ」ウィンドウ内にあると便利です。



操作

1、「スタート」、「コンピュータ」をクリック

2、「ツール」から「ネットワークドライブの割り当て」を選択します。



3、割り当てるドライブ文字を選択し、ネットワークドライブアイコンが参照する
 共有フォルダを選択する為に「参照」ボタンをクリックします。
 もちろん「\\IP\共有フォルダ」などと直接パスを指定してもよいです。

※通常はZドライブなどアルファベットの最後から指定されます。
  最初のD,E,Fなどにすると、増設HDや増設フラッシュメモリ等とドライブ文字が競合する為です。




※「異なるユーザー名」で接続しますを選択すると、ネットワーク上にあるコンピュータへ
任意の「ユーザー名」「パスワード」でログインする事ができ、その共有フォルダを
利用する事が出来ます。

指定しない場合は、Windowsログイン時のユーザー名とパスワードでログインする事になります。

ログイン先のネットワーク上のコンピュータにアクセス権限が掛けられている
場合に、このユーザーアカウントの仕組みが重要になります。



4、参照をクリックすると、以下画面が表示されますので
 アクセス先のコンピュータと共有フォルダを指定して「OK」をクリックします。


※予め共有フォルダを作成しておく必要はあります。作成方法はこちらを参考に


5、「OK」を選択後、以下パスが表示されるので、下部にある「完了」を選択します。




6、ネットワークドライブのできあがりです。
 コンピュータを開くと、以下のようなアイコンが作成されています。



※ネットワークドライブが不要になった場合は、対象のネットワークドライブのアイコンを
右クリックし、「切断」を選択します。









   

Powered by Movable Type 3.2-ja-2 Copyright(C) 2007 WindowsVistaトラブルエラー技術情報FAQ ~Windows7へ Allrights reserved.