インデックス


DVDへデータを書き込みする方法

Vistaの機能でDVD-Rへ「デジカメの写真データ」を書き込みする方法


WindowsXPでは、CD-R、RWへの書き込みをOSでサポートしてますが
WindowsVistaからは、DVD-R、RW、RAMへの書き込みもOS標準で対応できるように
なりました。XPまでは、DVDの場合、別途サードパーティ製の書き込みソフトが必要でした。


1)ブランクのDVD-RをPCのドライブへ挿入します。




2)自動的に以下のような「自動再生」ウィンドウが表示されます
  ので、書き込みする操作を選択します。

 今回はデータを書き込みするので、
 「ファイルをディスクに書き込む」を選択します。




3 )その後「ディスクの書き込み」画面がでました。
 ここで、ディスクのタイトル「ボリュームラベル」と書き込みフォーマットを
 選択するようです。


4赤丸をクリックすると
「ライブファイルシステム」「マスタ」の書き込み方式が選択できます。




<補足>
ライブファイルシステムの「バージョンの変更」をクリックすると、UDFのバージョン変更
ができます。





バージョンにより以下のような制限があるようです。



ライブファイルシステムとマスタの違いは以下になります。
簡単にいうと、ライブファイルシステムは、ドラック&ドロップでの書き込みが可能なので
操作が簡単ですが、互換性が低いです。、パケットライトのような書き込みイメージになります。

マスタは、一般的に書き込みする方式で互換性が高い代わりに、追記は不可能です。





5)今回は、マスタの方式にします。ライブファイルシステムのように
 追記書き込みはできませんが、互換性に優れているので、こちらを選択します。




6)次へをクリックすると、以下のようなDVD-RWドライブを開いた画面になります。
 ここへ、書き込みしたいデータを、ドラック&ドロップします。

   




※796Mの画像データですが、ドラックしただけで、1時間ほど待つように言われました。
 が、、、実際は、3分ほどで終了しました。

 この段階では、まだ書き込みされてません。書き込みするデータを選択しただけです。




以下のメッセージもタスクバーの通知領域から通知されました。




7)準備が出来たら、書き込みします。以下「ディスクに書き込む」を選択します。

 「一時的なファイルを削除する」を選択すると、書き込みする予定のファイルは
 いったんクリア(キャンセル)され、以下のウィンドウよりなくなります。



8)以下の画面が表示されます。後は、タイトルと速度を調整し画面の指示通り進みます。



以下画面、約2分続きました。


以下の画面になって、さらに2分ほど・・


以下が長かった・・・3分ほどです。




いよいよ最終段階・・



やっとおわりました。1Gほどに満たないデータですが、合計で5,6分かかります。
8倍速で書き込みました。









   

Powered by Movable Type 3.2-ja-2 Copyright(C) 2007 WindowsVistaトラブルエラー技術情報FAQ ~Windows7へ Allrights reserved.