インデックス


システム構成 「msconfig」でクリーンブートする方法 Vista


システム構成 「msconfig」でクリーンブートする方法(Vista)







概要
システム構成のツールを利用して、マイクロソフト以外のサービス
プログラムやスタートアッププログラムを停止して、Windowsを純粋な
状態で起動する事が可能とです。

これを、Windowsのクリーンブートといいます。

このクリーンブートをする事で、発生している問題が解決すれば、
停止したサービスかスタートアップの中に原因があると特定する事が
可能です。




手順
1)スタートをクリックし、検索の開始 の枠を表示します。





2)検索の開始の枠に、msconfig と入力し「Enter」キーをおします。



3)システム構成 ツールが起動します。
 XPの場合は、システム構成ユーティリティという名前でした。

最初は、上記のように通常スタートアップにチェックされています


4)「全般」から「サービス」へ移動します。ここで、特定のサービスのチェックボックスをON、OFF
 し、サービスというプログラムを停止する事が可能です。

 ※マイクロソフトのサービスを間違って停止しないように
 「Microsoft のサービスをすべて隠す」にチェックを入れます。




5)その結果、マイクロソフト以外の製造元より提供された「サービス」のみ残ります。
 これらの「サービス」がトラブルの元になる場合があるため
 「サービス」を停止するために、「すべて無効」をクリックし、チェックボックスはずします。





6)続けて、「スタートアップ」も同様に、マイクロソフトから提供されている 
 スタートアップ以外を停止します。

 いったん「すべて無効にする」をクリックし、その後、製造元が「Microsoft」となっているもののみ
 チェックをつけるとよいです。



※赤枠のスタートアップが、マイクロソフトから提供されているものなので、チェックボックスをONにいたします。



7)製造元が「Microsoft」になっているスタートアップのみ
 以下のようにチェックをONにしたら、「適応」「OK」と進みます。




最後に再起動するかどうか聞かれます。

再起動すると、次回Windowsは、マイクロソフトのスタートアップとサービスしか起動しなくなるので
問題が解決したかチェックをしてください。



※ポイント

上記設定は、またチェックをつければ動作するようになります。

問題解決したら、チェックをはずした事によって回避したと判断できますね。


※原因特定は?

チェックをはずして問題が解決したら、チェックをつけたらまた、問題が再発するはずです。

どこにチェックをつけたら問題が再発するかは、数点ずつチェックを戻して、突き止めていくしか
方法はありません。



つまり、最低限必要と思われる項目のみチェックをつけて、問題が解決していれば
それ以上追求するのも面倒なので、それでよいかもしれませんね。








   

Powered by Movable Type 3.2-ja-2 Copyright(C) 2007 WindowsVistaトラブルエラー技術情報FAQ ~Windows7へ Allrights reserved.